fc2ブログ

教育についての考え方が変わってきている④

2022.11.18.16:06

今の学生は学歴よりも
フォロワー数が多いことの方が
承認欲求を高めるそうです

得意なスキルを磨いて
SNSで発信して
お給料をもらうことができる時代

四則計算や苦手な対人サービスなど
AIが進んで、一律に教育する時代は
変わってきてもおかしくはないですが
それが日本ではいつ実現されるのか

今まで長々とつぶやきのような
記事を書いてきましたが
得意なことを学ぶという
シンプルな教育プランで
将来専門的な学校が作られていく
のかなと思います

欧米のような教育が絶対いいとは
思いませんが、早くから陸続きで
多民族がぶつかりながら成長してきた
文化を持つ国より、日本人だけで
競争してきた教育文化では多様性に
対するスキルを持った教師自体が
現場には少なく、ときに田舎と都会
でその差は大きくありそうです

主体性のない長男が、いつか目覚めて
本気で自分のやりたいことを私たち親に
相談してきたとき、今の学校や受験に
こだわらず、さっさと道を明け渡して
あげられる心持ちでありたいな

そんなこと、できるかなー(^◇^;)

おしまい

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

教育についての考え方が変わってきている③

2022.11.13.00:11

また覗きに来てくださった方
はじめましての方
ご訪問、ありがとうございますm(_ _)m

長らくお待たせいたしてました…
待ってないかなー(ノω`*)ノ
シリーズ3回目です💦
久しぶりの更新でアップの仕方が
不適切でした
記事が見られなかった方、申し訳ありません

日本では大学銘柄が重視されていますね
他の国でもそれはあります
学歴社会のフランスでは
バカロレア(高校卒業試験)をパスすれば
国立大に誰でも進学できます
エリートといわれる人は大学ではなくグランゼコールを
目指します
語呂で言う東大と同じ大学はパリ大学になりますが
パリ大学は国立なので、誰でも入ることのできる
一般の大学です。伝統校でありながら大半が
ドロップアウトする風習のなか
卒業は名誉なことでありますが。
フランスで浪人てあるのかな(。´・ω・)?

日本では国立が私立よりも優秀なイメージが
ありますね。地方では特にでしょうか。
海外の人も、他国の文化を尊重して
その人を理解しようとしてくれますから
日本の学歴が他国で通用しないということには
なりませんが、大学名よりはどこで何を勉強して
どんな成果をだしたのかが重視されているかなあ。
フランスでは国立大学は無料なので
とりあえず大学入って(うらやましいですね)
無理なら、辞めて専門学校に入るとか。
料理や芸術、美容などの職業の地位も高いので
職業選択という過程で、選択肢が多いのが魅力ですね。

女優の杏さんが渡仏して子育てするのも
納得です。

つづく

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

教育についての考え方が変わってきている②

2022.10.16.10:34

前回の記事からのつづきです

勢いでこれからの教育に関心があるのは
教育関係者の一部と書いてしまいましたが(;^_^A

実際は経済学者や会社経営者など
人材育成という観点で
教育システムが変わらないと
日本経済に影響がでると
考えている方々のほうが
強い関心を持って教育界に
警笛を鳴らしています。

そういう方々からすると
翻訳機能のあるマイクをつければ
外国語が話せなくても問題ないですし
電子マネーでおつりの計算をする必要もない
キーボードでアルファベットを打てば
漢字やひらがな、カタカナを
書かなくても大丈夫な時代です
音声入力だってあります

子どもたちに学ばせていることに
意味があるのかわからなくなってきました
公文、学習塾、英会話…

最近は大学に行かなくても、
高校生で起業したり、開発したり
うちの子がそれをできるわけでなないので
今は親の敷いたレールを走らせていますが
そもそも大学には入れるような教育までは
しておかないとというレールです。
特殊な能力が育つわけではありません。

先日、息子に
大学は行きたいときに行くこともできるよね・・・と
言ってみました。
息子はまたなんか言い始めたと
面倒くさそうに聞いていましたよ笑

現役でなくなると
より試験にパスしにくくなるかもしれませんが
やりたいことがあればそれを優先してからでも
大学に行くことができます。

大学進学ありきで進学校や塾に行くと
教師や周りの子どもたち
塾の資料などに影響されて
いつのまにか一定以上の大学進学という
ルートしか見えなくなるときがあります

つづく

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

教育についての考え方が変わってきている①

2022.10.08.14:45

日本のあたらしい教育システムを
研究しておられる方々の
対談チャンネルを見ることが増えました
おかげで、私の持っていた教育の価値観が
大きく変わって来ています

今の今も進学先でつまづかないように
選択肢を増やしてあげたい
自分の時代に足りなかった努力を早めに補うとか
無駄な努力を極力減らすとか

学歴にこだわらず、やりたいことで
将来独り立ちできる力を育てたいと
親なりに新しい視点で
将来に備えているつもりでいました

でも研究者たちは今の子どもたちじゃなくて
とにかく将来を見据えた場合
既存の日本教育システムでは
限界が来ると気づいていたのですね

極論だと思いますが
四則計算ができない人が増えるとか…
そもそも四則計算はできなくてもいいとか…

たしかに今の大人たちにとって
自分の教育はもう過去のことで、ある種他人事
一番教育に関心がある人は一部の教育関係者と
高校生までの子どもを持つ親だけ
こうあったらいいのにと思いながらも
おかれた環境の中での子育てをするしかありません

つづく

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

正義と正義の戦い~ワンピースREDをみました~

2022.09.06.23:04

日曜日に子どもたちとワンピースREDをみてきました。
今回はミュージカルみたいなエンターテイメント色の強い
映画なのかと思いながら観ていたのですが、中盤から
ストーリーが見えてきて、最後にはいつもの敵味方のない
ワンピースらしい戦いぶりに感動して泣いてしまいました。

子どもたちは映像の面白さに引き込まれていたようですが…

じつはその前日、身寄りのない患者さんを交えた
退院前の支援者会議がありました。
そこでわたくし、患者さんのイライラした態度に
我慢できず怒ってしまい(注意した程度ですが)
その患者さんも怒ってしまってまさしく喧嘩ですね💦
患者さんはそのはけ口が、一番動いていてくれている支援者さんに向かい
さらに私が怒り心頭で強く患者さんを叱るような感じになり…
周りの支援者さんたちがなだめてくれてその場がどうにかなるという
大人げない状況を作ってしまいシュンとしていたんです○| ̄|_

その患者さんはアルコールの問題を抱え、クモ膜下や軽度の認知障害、
犯罪歴がある方でこれまでの入院歴を考えると
今回は自宅での一人暮らしは難しいということに。
グループホームへ入所することになっているのですが
本当は自宅に帰りたいという思いがあるのと
サービス調整に時間がかかるという理由で
入院生活が伸びていることへ苛立っています。

早く早くと強い口調で支援者さんに何度も電話をかけて急かせたり
生活保護でまかなえるものも、遠方の自宅から荷物を持ってきて
もらわないと困ると声を荒げたり。
ただでさえわがままな彼の要求を静かに受け流しては
調整してくれ、休日出勤で会議まで出てきてくれているのに。
私の一番許せないイライラボタンを連打して、限界でした。

ここのところ、このようなケースが続いていて…
というよりも
こういうことばかりなのが私の仕事です。
わかっていますよ!

みんなで良かれと思っていることが
本人にとっては余計なお世話な時
それでも、その道を突き進むしかない。

やっぱり一度バトルしかないのかな(;^_^A

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ソレイユ

Author:ソレイユ
私立中高一貫校に通う12歳男子と9歳女子の子育て中
精神科ソーシャルワーカーをしながら普通の日常をメインとしてときどき専門的なことを記事にしています。遠慮なくコメントやメッセージをどうぞ。お答えできる範囲で返信します。

最新記事
カテゴリ
Book mark
参加ランキング
読みたいブログが盛りだくさん
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
フリーエリア
月別アーカイブ
最新コメント
Thanks for coming today