カテゴリー "体操教室" の記事

スポンサーサイト

同じじゃないこと(体操教室での出来事)

体操教室に重度と思われる中学生で知的のお子さんが参加されている。トランポリンは慣れたもので、2メートルくらいの高さまで飛び上がってしまう。見ているほうの鳥肌が立つくらい。宙に浮いているときに手足をバタバタさせて大きな声を出している。とてもうれしそう。今日は、部屋に入りほどなくして平均台の片方を持ち上げてバタンと落としたり、身体を大きく揺らしていた。そんな様子にお母さんも押さえ込んだり、注意したりし...

身体を作ることの大切さ②~体操教室に通えるぞ~

ネットで見つけた体操教室は小学生からを対象としていることが書いてあったためあと2年半待つかと考え、しばらく諦めていた。しかし、ネットで何度もそのジムのホームページを見てしまう。2年半は長いなあ。ということで一念発起。ダメもとで電話をかけてみた。ネットで見て小学生からと書いてあったんですが3歳児は無理でしょうか?こちらは障害のある人を対象としていまして健常の方は利用できないんです。息子はADHDで市の療...

身体を作ることの大切さ①~そうだ。体操教室に通わせよう~

息子は3ヶ月前から体操教室に通いだした。子供ができたら水泳か英会話、音楽系の習い事をさせるつもりだった。指示に従う、その場にじっと座っている。息子の場合、習い事をする前にできなければならないことがある。息子は、初回の療育で平均台から落ちやすいことを指摘された。よく見ると踏み出すたびに足の平が平均台から半分くらいはみ出していて身体も前傾。その勢いで前にトトトッと走りこむ。足元を見ていないだけでなく、...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。