カテゴリー "福祉的考察" の記事

スポンサーサイト

季節の変わり目

私の支援している利用者の方は季節の変わり目に入院したり、欠席することが多くなります。暖かくなって気分が高揚する反面、朝起きられなくなったりと生活のリズムが乱れやすく、精神症状も強くなったりします。特にこの『芽吹きの時期』と『梅雨』。気温や気圧の変化が影響しているようです。てんかんのある方では発作の回数が増えたりしています。よく満月と潮の満ち引きが出産に影響するというように風邪の引きやすさだけでなく...

体操教室から国際障害者年につながるまで?

迷ったけど、体操教室に行ってきた。今朝、息子は保育園に行き渋っていた。行きたくないとは言わないけれどなかなか着替えなかったり、行く時間になってるのにおもちゃで遊び始めてしまったり。でも行かなくては行けないことは分かっているから最終的にはあきらめて靴を履く。前回休んだ体操教室を親の都合でまた休ませてはかわいそうと思い参加させてあげたいと思った。今日は両親が来られなかったから、娘もいっしょに連れていか...

障害児サービスについて(厚生労働省)

障害福祉サービス事業者は法律によってその事業が体系づけられています。法改正があれば、それに則って事業体制を変更しなくてはなりません。そのために、県から県内の事業者にあててその都度説明会が行われます。それらの資料はネットなどで公開されていますが、事業者やすでに利用されている方以外はなかなか見る機会のないものかと思います。ここに平成24年度に行われた児童福祉法、障害者自立支援法の法改正で示された資料を載...

神経細胞に訴える!

これは個人的見解なので、エビデンスに基づくものではありません。「利己的な遺伝子」リチャード・ドーキンス著この本に関することで、見たか聞いたかの記憶もあいまいだが「生物は遺伝子によって利用される"乗り物"に 過ぎない」という有名な言葉を覚えている。進化生物学という分野における1つの見解である。私の解釈が間違っていなければ生物(たとえば人間)の身体は遺伝子が操作するロボットということ。すべての言動は種の...

障害者雇用に企業が望む人材とは

市の就労支援会議に出席した際に障害者就業・生活支援センター(なかぽつセンター)のスタッフより年間の実績報告とともに障害者雇用に企業が望む人材というテーマでの情報提供があった。なかぽつセンターのスタッフはハローワークや企業に顔が利く上、求人情報をたくさん持っている。このため企業と求職者とのマッチングが早い。私の支援した利用者で就職された方のほとんどは登録し、支援を受けている。離職した場合も、次の支援...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。