カテゴリー "親として" の記事

スポンサーサイト

泣いている小さな女の子が放っておけない

娘が生まれてから1年と2ヶ月。断乳はずいぶんと前に完了しています。息子のときもそうでしたが、泣き声に対する敏感ホルモンは今も健在でそれはよそのお子さんについても同様に働いてしまうのです。それが、なぜか私の父母、夫は理解できるものの、息子までそうであろうとは。娘が6ヶ月のころ、息子のもてあそぶエネルギーを放出させるために娘を私の両親に預け室内アスレチックが充実しているマックへ行きました。私がカフェオ...

涙は流れるときに音がする

しつけという名の暴力訓練という名の強制、拘束鬼はいない、みんなやさしい人ばかり。やさしい人が知らず知らずのうちに鬼になる。涙は流れるときに音がします。これは今回の相談支援従事者初任者研修「権利擁護と虐待防止」の資料の一つです。私はこれを見る度に、心が震えて涙が出ます。自分が息子に対してそうであったと思うのです。↓ランキングへの参加はじめました。こちらへのクリックもお願いしますm(__)m...

入園・進級式

4日は息子と娘の入園・進級式でした。娘の0歳児クラスには生後2ヶ月と3ヶ月のねんねがいます。息子を生後3ヶ月で預けたときは、みなすでに1歳に近い子どもたちばかりでした。はじめての子どもだったこともあり、息子にはとても申し訳ない気持ちでいたのを今でも覚えています。2ヶ月のねんねは3人目だそうで、ママはもう肝っ玉です。『小さいのでかわいそうだとも思いますが、上の子のときからずっとこの保育園を信頼してき...

娘と息子についてカンファレンスしてきました(保育園)

昨日は午前中に娘の保育開始に向けて担任2名と娘、私の4人で面接。5月からの復帰を急遽4月からに早めたこともあり、4月に入ってからの慣らし保育になってしまいました。当面は1日2時間の保育です。それでも急ぎで月半ばまでにはフルタイムでの勤務が目標です。私は土曜日も祝日も仕事になるので娘は日月がお休みです。息子は年中になり、日中活動が充実してくるので、平日にお休みすると遅れを出したりするので、お休みは日...

心を鬼とするとき

息子をこっぴどく叱るときがあります。怒ったり叱ったりすることがADHDにはよくないとされていますがどうしても厳しくしないと私の心が済まないときがあります。それは自分のやったことがうまくいかなくて、おばあちゃんやおじいちゃんお友達を叩いてしまうような場合です。息子はゲームや遊具で遊んでいるときに自分の納得の行く状況にならないと相手を叩いてしまうことがあります。背中だったり、お腹だったり、顔だったり。それ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。