2015年06月の記事

スポンサーサイト

心の中で涙がどっと流れた<補足しました>

『心のなかで涙がどっと流れた』これは有働由美子さんの本『ウドウロク』で、あるタイトルの章の最後の文章。内容については自分とは違う境遇についてだったけれど、なぜかとても共感できる文章でした。失われた、あるいはもう失ってしまったかもしれない機能の回復する可能性に努力をする場合、それが生殖能力にかかわらず機能のその失われていく過程は自分自身の生き方のせいだったと分かっている有働さんが不妊治療を続けていく...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。