上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

入園・進級式

4日は息子と娘の入園・進級式でした。

娘の0歳児クラスには生後2ヶ月と3ヶ月のねんねがいます。
息子を生後3ヶ月で預けたときは、みなすでに1歳に近い子どもたちばかりでした。
はじめての子どもだったこともあり、息子にはとても申し訳ない気持ちでいたのを今でも覚えています。

2ヶ月のねんねは3人目だそうで、ママはもう肝っ玉です。
『小さいのでかわいそうだとも思いますが、上の子のときからずっとこの保育園を信頼してきているので
安心して任せられます!』とあいさつしていました。
おお、さすがだな!と。感心してしまいました。

息子は年中になりました。
ステージに立つと他の子に比べて12月生まれなのと、偏食も手伝ってか
身長はふつうですが、体の線が細く、ひん弱に見えます。
ただでさえ、精神年齢はようやく3歳になったという感じなので
いままでの一つ下のクラスでちょうどいい感じです。

相変わらず、ステージの上で落ち着きありません。
いつもは列の最後尾に出てくるのですが、
今日はなんと先生もスタイルを変えて、一番最初に。
ステージの右端です。
こちらには窓があり、どうかなと思いましたが
やはり窓辺に行って外を眺めてしまっています。
娘の担任になった前任の先生が付いていてくれています。

そして自己紹介。
息子からです。
息子はずっと「マーーーリオ!マーーーーリオ!」とyoutubeでみている
ゲームの台詞を叫んでいます。
先生に促されてマイクを持って名前をいい、両手をあげてピョンピョンしてました。

なんでまた最初に。
先生の戦略だったんだと思うのですが
私だったら、列の後ろの真ん中にあえてします。
両脇をほかの子どもではさんで、視界は保護者席だけが前列の子どもの頭の隙間から見える。
隣の子が名前を言って、自分、そして次の子にマイクを渡す。

息子を真ん中にすることで目立ってしまうことを避けたいのだと思うのですが
脇にすることで息子の自由度が増して、息子もそれでいいと思ってしまっている節があります。
やっかいな多動のある息子への関わりに頭を悩まして試行錯誤してくださっているのは百も承知ですが。

この息子の行動は2歳のときから全く変わっていません。
来年は年長です。
たぶん、このままなんじゃないでしょうか。

去年は、発表会や運動会でいつも先生に背中の洋服をつかまた
1人だけ明らかに違う動きをしている息子を目にするたびにがっくりきていましたが
もう慣れましたね(^^ゞ

ただ、年長に向けて今年で大きく成長してほしいのが親の願いです。
成長できるように新たなアプローチを見つけて
服薬のことも視野に入れた相談もしていきたいと思っています。

私も仕事が始まり、ブログの更新も滞りがちですが
要所要所では記事を書いていきますので
引き続き、これからもよろしくお願いします。

↓ランキングへの参加はじめました。こちらへのクリックもお願いしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
関連記事

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。