上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

溶連菌がやってきた

年中と年少クラスで溶連菌の発症があったとホワイトボードに書いてありました。
わが子たちは溶連菌の罹患歴はなく、罹ったら大変だなあと思っていました。

先週の水曜、私は仕事の途中でひどい寒気を感じながらと舌下にできた口内炎と咽喉が痛んでいました。
利用者の人たちに今日寒くない?と聞くと暑いくらいだということで、これは熱があるかもと体温を測ると37.6℃。
ここから徐々に上がり続けて、最終的には38.3℃。
でもなぜか、頭痛がほどんどありません。
代わりに下半身のだるさと、坐骨痛。
歩くと下肢に力が入らず、よちよちと変な歩き方になってました。
扁桃腺炎?もしかしてインフル?
いつもの発熱とは違和感を感じていました。
でも結局、頭痛がなかったので定時まで仕事をしてしまいました。
その夜は、腰が抜けたようで娘を抱くと足を出すのがやっとでした。
さすがになんだか嫌な予感。

でも何だろう。頭はスッキリしていて、眠気が強いわけでもなく??
翌日受診しようと思っていたら、医師会で定められた定休日でかかりつけ医は全部お休み。
他の医療機関を受診する方法もあるのですが、
そういう日は混んでいるほか、塩対応なのを何度も経験しているので時間の無駄かと。
その日はツバを飲むとのどに激痛、首の腫れ、舌下の潰瘍を気にしながらも出社しました。

そして、3日目の金曜日。
熱はないものの、体調は相変わらずなので、さすがに夕方早退して受診してきました。
このとき、この段階になって思い出したのです。溶連菌を。
まさか、私が(゜o゜)?
こども達もまだかかってないのに?
子どもからうつったという友人がいたので大人でもなるのは分かるけど。
主治医に症状を伝え、口の中を見せると
『口内炎は風邪でもなるし、のどは確かに真っ赤なんだけど。舌の炎症はそれほどでもないみたい。
でもまあ、一応検査してみましょうか。』
綿棒で痛いのどの奥をぐりぐり(+o+)
しばし、外で待って名前を呼ばれると
『しっかり出ましたよ。溶連菌ですね。』

口の中が潰瘍だらけで食事ができないくらいになると聞いていたので
私も半信半疑でした。
私の場合、舌下なので刺激が入らなければ食事は十分できますし、会話も問題ありません。
そして、主治医には言わなかったのですが、実はおしりにかつてないほどのブツブツ、炎症が広範囲にあります。

今日は月曜日。
のど痛みはずいぶんと和らぎましたが、おしりと口内炎はあまり変わりありません。
実は抗生剤を昨日まで一回1錠なのに、誤って2錠飲んでました(^_^;)
7日間きっちり飲んで、ダメだったら追加で飲む予定だったのですが
5日で足りなくなりそうです(^_^;)
子どもがかかると食事がとれなくなったりするそうですし、痛みは結構ひどいので
私だけでよかったです。

子どもにうつらないことを祈るばかりです。
子どもが保菌者で私にうつしたのかもしれませんが(-"-)

↓ランキングへの参加はじめました。こちらへのクリックもお願いしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
関連記事

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。