退職できるのか3

今日から息子が年長クラスです。
娘は私といっしょにお休みです。

新担任の先生とのカンファレンスでは
就学に向けての対人トラブル関係、学習面での時間への配慮
偏食など一定のルールのなかで本人がマニュアル対応できるようお願いしました。

・息子の一方的な行動でお友達とトラブルになった場合
→〇〇ちゃんの顔をみて。これは嫌だって言う顔だよ。やめて、嫌だと2回言われたらやめようね。
・集中する時間は10分を目処に切り上げ気分転換
・食事については無理のない範囲で進める。
→お弁当につめるご飯についてはあらかじめ何がよいか聞いて、入れたあとも何が入っているのか伝える。
ご飯だけお弁当なんですが、その日によってふりかけが気に入らなかったり、ご飯が硬い、水っぽい、
今日は白米の気分など保育園でぼやいてどうしても口をつけないそうで(-_-;)
忙しい私が勝手に中身を決めて入れていたのがよくなかったと反省しました。

保育園には若い男性の先生が1人いて、いつも年長クラスが主でした。
息子も大好きだったので期待していたのですが、年中クラスに移動になってしまいました。
確かに好きな先生だと甘えて言うことをきかないので、成長を考えれば仕方ないのかと。

もともと私は子どもたちに対して楽しく生きてくれればいいと考えていて
成長よりもストレスの少ない環境でのびのびいきいきと生活してほしいといつも願っています。
ただ実際はそればかりではどうなのかと。
もちろん教育、しつけとのバランス。
こればっかりは個人の親ひとりではどうにもなりません。
できることをできるだけ。
時間に余裕が持てたら、子どもたちとももう少し心穏やかに接せられるのではないかと。

6月以降すこし時間に余裕ができるのかなと期待しています。
実際は新しい職場環境なのでそれはそれで疲れることは覚悟していますが。
人の集まるところ、ましてや仕事となれば嫌な思いもするし、ショックなこともあるのは
どこでも同じですよね。
ただ時間だけは譲れないし、配慮してほしいというか自分でつくるしかない。
ということで、退職について理事長から了承がいただけました。
5月いっぱいまでは条件ですが。

実は万が一のため、労働局の窓口へ紛争相談に行っていました。
担当者からは退職届を郵送すれば自動的に退職になるから問題ないと。
今からでも3月中の退職は間に合うとのことで。

それは分かっているのですよ。
そういう一方なことはしたくないので相談に来たのですが。
民法の627条のコピーを持ってきて
はい、この条文があるから。
損害賠償なんかありえないから。 
そうですか、分かりましたと。
もう、こうなったら最終手段はこれしかないなと腹をくくっていました。

そうは覚悟しつつ、理事長とはまだまだしつこく話し続けようとは決めていました。
そこは長年の関係性がありますから、いずれは折れてくれることは分かっていました。

利用者の方たちにはいろいろな想いがありますが、それはまたあらためて。

↓ランキングへの参加はじめました。こちらへのクリックもお願いしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。