就学相談に行ってみて1

息子は4月から小学生です。
今まで行っていた集団心理療法も残すところあと1回。
発達センターは数か月前に終診しました。

発達年齢が現年齢相応になり、就学にあたっての審査も
支援級は該当せず通常級へとのことでした。

昨年の6月から新しい職場で働くようになって時間に余裕が持てるようになった傍ら
娘が2歳になりネットの時間は子育て(一緒に寝る時間と外遊び)へと自然にシフトしていきました。
覗いてくださった方、更新せずにすみませんでした。

息子の就学にあたり、教育センターに就学相談していました。
個人的には支援級に入れたかったのです。
授業の見学にも行きました。
「ADHDは支援級の適応範囲ではないんです」あれつ
厚労省のホームページにも支援級は発達障害を含むとありました。
当県では自閉症、情緒障害、軽度の知的障害が対象とのこと。
そうなのか。事前に教えてほしかったけど、相談員さんも保護者にうかつなことは言わない方針なのね。

こちらへのクリックもお願いしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。