FC2ブログ

ささやかな願い

息子の発達に障害があるんじゃないかと、確信するようになったきっかけの場所は、スーパーマーケット。

消費者の購買意欲をかき立てるために、さまざまな刺激が人為的に施されているその場所は、
視覚優位の息子のスイッチをあっという間にオンにした。

店内を走り回わる他、カートの車輪を寝転がって眺める、
冷蔵ショーケースの下段手前にある冷風が出てくるための一列に並んだ穴。
片目で走りながらこれらの連続される様を往ったり来たりしながら見るという遊び。
カートを自分で降りられるようになった頃から今もまだ続けている。

当初はカートの車輪に対しての興味が強くて、多動よりも自閉傾向を強く疑っていた。
専門病院での詳しい検査はまだ受けていないが、
広汎性ということで似たような症状は持っているのだと思う。

そんな時は他の人の邪魔にならない限り見守る。無理やり止めさせようとすると、
走って逃げようとすることから余計目立ち、他のお客さんの邪魔になってしまうから。

スーパーに行くと私から怒られずに済んだためしがなく、最近は買い物に行くこと自体消極的。
できる限り夫や両親が手伝いに来てくれたときにまとめて購入するとか、宅配を利用するなど
連れて行くことを極力避けてはいる。

どうしても連れて行かなくてはならないときは、ウロウロしても目の届く広さのスーパーを選ぶ。
誘拐されないか、交通事故に遭わないか、お店に迷惑かけないかなど緊張と予防対策で憔悴。
定型のお子さんでもスーパーにはあまり連れて行かない親御さんもいるくらい。

それだけスーパーは子供の特性が目立つ場所。

息子が「スーパーの店内で私と一緒に歩いて買い物ができる」こんな夢のような日がいつか来ますように。

そうこうしているうちに、思春期になってますます一緒に出かけてくれなくなるんだろうな。


↓ランキングへの参加はじめました。こちらへのクリックもお願いしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。