上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

実は鼓膜が破れていなかった!?

先ほど、息子の耳の鼓膜が破けたと記事をアップしてから
ショックでぐったりしていた。

夫と息子と夕飯を食べているときに、何気なく
「先生は聴力がどうとか言ってなかったの?」
怖くて聞けなかった質問をしてみた。

息子と会話している限りで違和感はなかったが
小さい子供なので説明できないだけかもしれないと
内心不安だった。

夫は
「聴力?なんで?聞こえなくなってたら大変だったでしょ!」

ときどき何か会話が噛み合ってない。
「鼓膜が破れてるんだから、何か先生も言ってたでしょ。」

「鼓膜破れてるなんて誰が言ったの?鼓膜のところが損傷してかさぶたになってたから
鼓膜は見えなかったって言ったでしょ!」

「はあ?家に入って来ながら破れてたって言ったでしょ!」

「言ってないよ!鼓膜のところまでいってたよ!って言ったの。
人の話聞いてなかったの?」
って逆切れしていた。

それって破れてたっていう風にも理解できるんじゃないか。

要は鼓膜の近くまできていたということだと。
外耳の皮膚がめくれていたそうだ。
ただ、そのめくれた皮膚や血液、かさぶたなどで鼓膜の状態は見えなかったという。
でも、破れているという可能性については一切言及なかったと。

今日は保育園を休むように言われたというときも
どうして明日からは行ってもいいのだろうと思った。
治るまで行かないほうがいいんじゃないの?って夫に聞いたら
今日は処置したからでしょ!と言うので、そんなものなの?って疑問に思った。

「破れてたら、クリニックからすぐに電話してたよ!」
そうそう、夫はちょっとしたことでも電話してくる。
保育園の送りのときの些細な様子とか。
今日はドキドキしながら受診へ行ったのに、何も連絡がなかったので
入院とか鼓膜の問題とかはなかったのかなと安堵していたところで
保育園に行ったはずの息子が一緒に帰宅したから、これは何かあったなと思ってしまったのだ。

夫は、そもそも私のせいでこんなことになったんだからとか
話聞いてない!思い込みで聞いているからそういうことになるんだ!と
ずっと文句を言っていた。
私が受診に行かなかったのでなおさら機嫌が悪い。
夫は久しぶりに丸1日休みで、やりたいことがいろいろあったよう。
それは確かに私の落ち度で申し訳なかったと反省している。

耳の怪我の翌日、体操教室に1時間半近く参加し
トランポリン3セットとスラックライン、ボルダリングをやっていた。
これも行くんじゃなかったなと後悔していた。

通りで元気なはずだ。
綿棒も短く持っていたし、思い切り中まで突いた感じはしなかったので
さすがに鼓膜は大丈夫だろうとたかをくくっていただけにショックだった。

でも破れている可能性は低そうでよかったあ。
まだ安心はできないケド。
傷をつけるのと、器官を損なうのとでは重大性が違う。

赤ちゃん用の綿棒を使ったので、先が固くて細かった。
いずれにしても痛かっただろう。

お騒がせしてすみませんでした。


↓ランキングへの参加はじめました。こちらへのクリックもお願いしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ




関連記事

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。