FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人のために役に立ちたいという気持ちを育てる

あそこの道は自分しか分からないから。
お客さんが待っているから。
自分が休むと仲間の負担が増えるから。
自分がいないとみんなが困るから。

仕事では仲間から注意されたり、助けてもらったり。
スタッフから注意されるよりも、仲間から注意された方が響く。
落ち込んだときはスタッフの出番。

スタッフは利用者の仕事を邪魔しない。
利用者に任せた仕事はスタッフができないほうがいい。

自分の力で人のために役に立ちたいという欲求を満たす。
それを感謝され、励まされることはこんなにうれしいことはない。
その積み重ねが自己評価を高めて、大きな自信になっていく。
月並みであたりまえのことだけれど
こういう機会に出会うことはそうはないのである。

そういう環境を作ると利用者は休まなくなった。
精神障害者の施設通所率は50%と言われてきた。
もうそういう時代ではなくなってきている。

そういうことを利用者の方は教えてくれ
私たち支援者はそのことを利用者の支援を通して学んだ。

息子にも小さな役割を与える。
まずは自分のことから。
洗面所、トイレで手を洗った後、水周りをふく。
家に帰ったら靴をそろえる。
金魚のエサやり。
植木の水やり。
料理の手伝い。

1工程が終わったら報告すること。
チェックをして、やり残しがあったら一緒にやる。
そして、よくできたことを褒め、きれいになったこと
助けになったことに感謝する。

とりあえず、このくらいのステップから。


↓ランキングへの参加はじめました。こちらへのクリックもお願いしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ




関連記事

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。