夫の趣味

  • 2014.02.19
夫は毎朝早く起きて登録している転職サイトを見ている。
結婚したときはすでに見ていたから
おそらく結婚するというか、知り合う以前からだと思う。

ここは本人にとってパーソナルな部分なので
踏み込みにくい。

付き合っていたころから転職を考えているようだったけれど
実際に試験を受けているかどうかは謎だった。

いまや堂々と毎朝、こういう会社があったんだけどどうかな?と聞いてくる。

夫は私より6つ上で40代前半。
再就職には年齢が大きな壁。

不利な条件だけでなく転職したい会社はいつも畑違いなところばかり。
エントリーの段階でいつもお断りされている。
実際の応募は半年に1回のペース。
本人もそう簡単に受かるとは思っておらず
転職活動をしているだけで、もうその仕事をしているかのような錯覚に陥っており
夢を見させてもらえると、もはやライフワークになっている。

私なんて、転職できるものならしたいけれど
(同じ福祉の世界でも休日出勤と残業がないポジション)
今は転職活動をするにも、新しいところに適応できるだけのエネルギーもない。

夫の両親もうちの両親もそのことは知っている。
最初のころは、そんないまさらどうするのか、経済的にも大丈夫なのかと
戦々恐々としていた。
今となっては諦めモード。
心のどこかでどうせまた、落ちるだろうしと思っている。

そんな夫も家族らの批判にめげることなく
淡々とあいもかわらず転職活動を続けており
今日はここのところ心惹かれていた
ある鉄道会社の運転手に応募するため
午前中にハローワークへ行っていた。
昨日までは受け付けていたのに、応募者多数ということで
今日になってエントリーが締め切られていたことにがっくりきていたが
担当者が問い合わせをしてくれ、受け付けてもらえることになったとうれしそう。

電車の運転手は子供のころからの夢だった。
今はマスコミ業。
電車の運転の資格だって持っていないのに。
これから取るんだそう。

うちの夫婦は独立採算制を取っていて
お互いの貯金や収入を詳しく知らない。
給料は今の半分になるという。
家のローンもあるのに。
私が仕事をしているからって
油断しているな。

この結果については、また報告します。


↓ランキングへの参加はじめました。こちらへのクリックもお願いしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。